iPhoneとandroidの違い

iPhoneとandroidって、一体何が違うのか、分からない方も多くいます。

そこで今回は、iPhoneとandroidの違いについてご紹介します。


まず、機能に関しては、5点が確実に違います。

主な5点をあげると、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、防水、microSDカード利用不可、の5点です。

どれも国内の携帯電話やスマートフォンであれば、使えた機能であった為に、これらの5点が搭載されていないだけで、購入を悩まれる方は多いようです。

では、上記を考えるとandroid機種の方が良いのでは、と感じる方も多いはずですが、それぞれの点をピックアップして見てみましょう。まず防水機能ですが、防水対応なので水に浸けたら壊れた、といった方が実は多いのです。

充電部分のジャックをしっかり閉めなかったり、緩んでいたりする場合です。



こういった中で水に浸けてしまうと、当然壊れてしまいます。



ですので、あえて防水カバーを付けて使用する方も増えています。
次に、microSDカードです。



外部メモリーですが、リスクとして伴うのはウィルス感染の危険性です。

例えば、microSDカードに危険なウィルスが入っていたものを、スマートフォンに挿入した場合は遠隔な操作で操られたり、個人情報を抜かれたりするリスクがあります。

3点目はおサイフケータイですが、最近はカバーケースにSuicaのカードが挿入出来るものが増えており、擬似的に電子マネーをおサイフケータイに見立てて利用出来ます。


4点目と5点目は赤外線通信に関しては、近頃LINE等の連絡が増えている事から需要減、そしてワンセグについても実際に移動しながら閲覧が出来る場所は、首都圏の僅かに絞られている為、まだまだ利用出来ないケースが多いのです。


これらが、iPhoneとandroidの違いです。