iPhoneが故障したときの正しい対処法とは

iPhoneシリーズは故障した際における正規の修理ショップが存在しているため、修理受付窓口への持ち込みかオンライン修理サービスによるメーカー対応を受けられます。
しかし、ガラス割れや液晶のトラブル及び水没事故に関しては、物理的に回復不可能となる例が多く端末本体を新品交換する内容が一般的であることから、iPhoneの内部に保管されている情報をバックアップしておき、新しい端末で復元するという作業を必要とします。

正規ショップを利用する際は情報のバックアップと同時に保証の対象であるかを確認しておき、支払う料金が必要以上に高額とならないよう備えておきましょう。



原則としてiPhoneは購入後1年間、及び通常使用条件下における故障と初期不良に対して、無償交換の対象になる可能性が高いとされています。



また、一部有料アプリのデータなどバックアップに対応していない情報が含まれている場合や、突然の事故でバックアップ作業が間に合わなかった時には、情報を維持する目的として非正規のショップで部分的に修復してもらう選択も有効となってきます。



非正規の修理ショップは利用した時点でメーカーの正規保証を受けられなくなりますが、ボタンや液晶画面などの故障箇所のみを交換し、内部情報を消さずに返却する特性を持っていることからiPhoneのデータが消えてしまう心配はほぼありません。

有償と判断された場合の交換と修理に掛かる費用は、iPhoneのシリーズによって大きく異なり、最新機種ほど高額な傾向となります。